〜自分を見失った茅ヶ崎ミアの日記〜終わりなき旅が終わるまで

JK1。
精神科に通ってます。
入院はながいのが1回。
ブログははじめてなのですが、日記みたいなことを書こうと思います。
暇なときにでも暖かい目で眺めてやってください。

って。Twitterの自己紹介みたいになったけどこれでいいのか…?
いつになるかわかりませんが、今度ブログの説明欄の書き方を調べときますね。いつになるかわかんないけど…

学校で起こしたプチ事件。一瞬騒ぎに。2016.09.12

前に使ってた携帯で文章作成→コピー→ペースト…ペースト…、あれ?あれ?え?ペーストできない…。嘘でしょ?

と、いうわけで、この文章を書くのは2回目です(泣)


今日は月曜日。学校です。

いつもそうなんだけど、月曜日はとくにだるいです。

支援センターに電話をかけるも、時間外。現在時刻7時10分。そらそうです。

「ジェイゾロフト〜」という謎のメッセージを残してしまいました。後でちょっとした騒ぎになることでしょう(ならんか)。

ジェイゾロフトもほしいのですが、ゆる〜り抗不安作用のあるものとかもほしいです。因みに、リーゼはぜんっぜん効きませんでした。

今度医者に言ってみましょう。


と。だらだら日記?を書いててふと時計を見ると、7時半前。

早めではあるけど、このまま家にいても活動しなくなりそうなのでそろそろ行きます。

KKさんのアイロニを聴きながら、行ってきます。




学校です。なうです。

ついさっきまで、前の席にいるうざい男子にiPadを盗られてました刺すぞ。いつか常備してるおっきい方のカッターで本当に刺しそうで怖いです。

どうして他人の端末を平気で自分の物のように使うのでしょうか。理解できません。

独り占め、ではなく、アニメキャラ診断という診断をやって見せてきたり、私にやらせたりします。ますます理解できん。

仕返ししたいけど私アンタの携帯使いたくないわ。とか、それはそれでよくわからないことを思ってました。

決めた。愛しの(きも)iPad、誰にもかさんぞ。てか、当然でしょ。


そんなこんながあって、今は怒ってます。

わけもなく(ある)デパケン4tを教室で堂々と飲んで(おい)、今はクライヤ聴きながらこれ書いてます。KKさんです。ハマってます。




帰ってまいりました。

さっき書いたデパケン4tと、その後授業中に、これまた堂々と追加で2t。理由は、あったはずなんだけど今になっては忘れてるほど、しょーもなーいことだったんでしょう。

結局、デパケン6tをこっくり飲み干した私は、ちょっとした事件を起こしました。


1〜3限は、無事でした。

あったといえば、ノートの落書きで「ピーポーでホスピタルピーポーへーい!」とか「ははは〜このうちが死ぬとでも〜?ンなわけあるかドァホォ!!」とか、入院友達に聞いたら、ラリってる?という感想を1発で叩き出せそうなほどわけのわからんことを書きまくってみて、そんな時に限ってノート点検だったとか、そんな程度です。

そんなことは、些細なことにすぎませんでした(おぉなんか物語っぽい)。


4限目。

移動教室だったので、その時教室には、暇つぶし(公認)用の本を取りに帰った私しかいませんでした。

なぜか、無性にあの「謎の衝動」に駆られました。自傷です。

ほんと、謎の上に謎すぎます。なんで外にいる時にくるわけ?ねぇ。

で、誰もいないからかるーくうすーくすーっとだったらいいか(甘い考え)。とか思った私は、ポケットから小ぶりな方のカッターわ取り出し、誰もいないことを再確認すると、カチカチカチっと刃を出します。

ここまでくるともう止まりません。

先っぽでかするだけのつもりだったのに、腕と平行?になるように刃を当て、下に力を加え、できるだけ速くスライド。

「サッ。」

あ。

やらかした。

半分正気に戻るも、時既に遅し。

腕には赤い線が数本と、その間から少しだけトウモロコシが顔を…出さなかった。流石にトウモロコシさんとは出会わいませんでした。


そんなことを考えてると、ドアの方から何やら物音が、あ、ドア開いた…閉まった。開いた…閉まった…。開いた…。幻覚だったのでしょうか。

ドアが何回も開いたり閉まったりして、クラスメイトが入ってきました。こ、これも幻覚と思いたい…。

なんて災難だ。いや、うちが悪い。

とりあえず、とっさに腕やらなんやらを体の後ろに隠しましたが、血が滴る感触…。多分見られました。

お茶を飲みに来ただけっぽいのにとんでもない光景を見せられてしまったクラスメイトは、何も言わずに帰って行きました。

いつまでも放心したりあたふたしていても仕方がないので、トイレにダッシュしてゲット滴るトイレットペーパーで床についた赤い模様をふきます。

ふちが固まってしまってとれません…(泣)

多分、私の目が悪いせいもあって、立って見るとあまり目立ちませんでした。あんま見えないし絵具っぽいから大丈夫っしょ。と、移動教室に戻りました(アホか)。


4限目が終わり、教室。短縮授業のおかげでこれで授業は終わり。さっさと帰る支度をしていると、周りでは「床に血の跡が…」と、若干騒がれてました。

アァ、気付かれました…。

私はそーっと教室を出て、自動販売機の前で「終礼無視して脱走しよかな〜でもそれしたら犯人バレるよ〜何人か感づいてそうだ〜」とか思いながらウロウロ。


少し時間を置いた頃に、たったと階段を降りてきて下校する上級生。

あ、うちのせいで帰れなくなる。なんか思われる。根に持たれる。なんかされる。


「何があってもとぼけ通す。」という決意をして教室へ。


戻る途中、担任に見つけられて、何を言われるかと不安になっていたら、「探したよ。」と一言。「はよ戻りー。」と二言。

先生、優しいです。

優しい先生のことだから、後でおばさんに電話したり、してませんよね。ね?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。