〜自分を見失った茅ヶ崎ミアの日記〜終わりなき旅が終わるまで

JK1。
精神科に通ってます。
入院はながいのが1回。
ブログははじめてなのですが、日記みたいなことを書こうと思います。
暇なときにでも暖かい目で眺めてやってください。

って。Twitterの自己紹介みたいになったけどこれでいいのか…?
いつになるかわかりませんが、今度ブログの説明欄の書き方を調べときますね。いつになるかわかんないけど…

茅ヶ崎は高層ビルを探す

こんばんは。

はい。また心配して欲しいの?何なの?って聞こえてきそうなタイトルをつけました、茅ヶ崎です。


私は最近、沈んだ時に死ぬことを考えます。そして、上がり気味の時に死ぬことさえ希望に思え、いつか実行しようとします。

うん。だいたい合ってると思う。こんなんかな。

言葉で表現するのは、とても難しいです。

何というか、沈んでて「死ぬ〜」ってなってる時は、計画まで考える余裕がなく、ただ何となく(思想が見えないところで複雑に絡み合って)自傷。みたいなことが多いのですが、なんか、謎に元気な時に希死念慮?を持ち越すと、実行しそうで怖いです。

2年前に完全自殺マニュアルを読んだあたりから、最後は自由落下かな〜とか思ってるので、航空写真とかで近場の高層ビルを探すわけですが、何が怖いってもう、下に人が居て殺してしまうことと建物の価値が下がることと…。実は死ぬことも怖いです。

こんなに生きていく上で恐怖して、15歳なりに恐怖心なんか慣れっこでどこかに置き忘れたつもりでいたのに、怖いです。

それが、変に元気になると怖いものがなくなって、余計怖いです。



と、まぁ。

病み期真っ盛りで最早一生病み期!?と見出しのつきそうな(つかんわ)記事を書いていたら、担任から電話がかかってきました。

なんかこう、まっすぐ見抜かれてる感じがして、半泣き状態です。割と本気で。

おばさんとは、ちゃんと話したほうがいいと言われて、普段の私だったら逆ギレしそうなところを、落ち着いて聞けるように持って行ってくれる、そんな話し方で、少し落ち着きました。

なので、暫くは高層ビルを探さなくてすみそうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。